塗料に関する注意・確認事項

・塗布の間や乾燥時は部屋の換気を十分に行い、火元の近くでは行わないでください。

・使用後のウエスや刷毛は、一度水に付けることで、溶剤が飛ばされ、自然発火を防ぐことが出来ます。
使用後、処分する場合は、軽く水気を切ってゴミに捨てて下さい。