無垢材の床 汚れ落とし

作業時期

困った時

作業時間

10分程度(1か所)
〈時期・時間は目安です〉

難しさ
効 果
  • 素材を長持ちさせる

  • 汚れを効果的に落とす

道具・材料

材料費(目安)

無垢材専用クリーナー(グラノス

3,900円(税抜)/1L

自然木部オイル(クノスなど)

クノスの場合、5,400円(税抜)/0.75L

ウエス(布)

手順

1(クリーナーで床板を拭く)

無垢材の床板の汚れの気になる箇所は、無垢材専用クリーナー「 グラノス」で汚れを落とすことができます。

バケツや適度な大きさの容器を用意し、グラノスを原液の4倍の水で薄めてよく混ぜ、きれいな布につけて床板を拭きます。

グラノス
グラノス

2(仕上げにオイルを塗布する)

グラノスは水性ワックスです。オイル塗料のように木を保護したり、木のアクを止めたりする効力はありませんので、仕上げに自然木部オイル( クノスなど)をウエスやきれいな布で塗布するのがおすすめです。オイルを塗布しておくことで、汚れ防止にもなります。

注意・確認事項

  • グラノスを無塗装の木部に使用すると、木部が黒く変色してしまいます。無塗装の部分にはご使用にならないで下さい。

できレポ!!

メンテナンスご依頼