用 語 辞 典

とい

樋とは、屋根面などに流れる雨水を集めて地面や下水に流す配水管のことです。
屋根の先についた横に長い樋を「軒樋」といいます。(写真1)軒樋にはゆるやかな勾配がついており、雨水は軒樋の端に開いた排水穴から縦に通った「縦樋」につながって、地面や下水にまとめて流れていきます。
樋は雨水が軒裏や外壁にまわらないように建物を守ってくれます。また、軒先の地面が雨だれで掘り下げられて庭木などを傷めてしまうのも防ぎます。

写真1:軒樋
とい

樋とは、屋根面などに流れる雨水を集めて地面や下水に流す配水管のことです。
屋根の先についた横に長い樋を「軒樋」といいます。(写真1)軒樋にはゆるやかな勾配がついており、雨水は軒樋の端に開いた排水穴から縦に通った「縦樋」につながって、地面や下水にまとめて流れていきます。
樋は雨水が軒裏や外壁にまわらないように建物を守ってくれます。また、軒先の地面が雨だれで掘り下げられて庭木などを傷めてしまうのも防ぎます。

写真1:軒樋
メンテナンスご依頼