用 語 辞 典

薪ストーブまきすとーぶ

薪ストーブは家を暖めるだけでなく、炎を見てくつろぐ時間や料理の楽しみを増やしてくれたりと、暮らしに彩りを与えてくれます。薪を用意したり煙突掃除をしたりと、手間はかかりますが、それもきっと暮らしの楽しみの一つになります。

①ストーブの種類について
■輻射熱式(ラディエーション)
ストーブ自体の外壁が暖まって、ストーブ表面に接する空気を直接暖めます。ストーブのそばを暖めたい時などに有効です。
■ 対流熱式(コンベクション)
ストーブの外壁に空気流通層を設けており、下部より冷たい空気を吸い、上部から暖まった空気を出します。輻射熱式に比べ、側面と、後壁面が比較的熱くならないので、壁や家具などの近くに置くことが可能で、安全性が高いと言われています。

②一次燃焼と二次燃焼について
■ 一次燃焼
薪そのものを燃焼させている状態のことです。薪に着火した最初の燃焼はこの一次燃焼の状態です。この状態は基本的には焚き火と同じ状態で、燃焼と同時に燃え切れなかった可燃性ガスが発生しています。一次燃焼の際に燃焼に使用される空気を一時空気と言います。
■ 二次燃焼
薪を一次燃焼させた時に発生する燃え切れなかった可燃性ガスに空気を混合して再燃焼させることです。「一次燃焼で薪自体を燃やし、二次燃焼では発生した煙を燃やす」という感覚です。上手な二次燃焼を行うことで少ない薪で、よりクリーンな排気が期待できます。

③薪ストーブの代表的な燃焼方式の種類について
■ 一次燃焼方式
構造がシンプルなタイプで、ドアを開けて暖炉的な使い方ができるモデルが多いです。一次空気のみを供給する構造のため、燃費の面では良いとは言えません。また、煙突内部で不完全燃焼しやすく、煤(スス)や タールが付着しやすくなります。この煤やタールが煙道火災の原因になるので、こまめに煙突掃除をする必要があります。
■ 触媒燃焼方式(二次燃焼方式)
アメリカの厳しい排気ガス規制をクリアするために考案された燃焼方式です。網目状の触媒(キャタリティック・コンバスター)というパーツを通して二次燃焼を行います。点火時の一次燃焼により発生したガス(煙)は、この触媒を通すことによって、化学反応を起こし、低温でも燃焼が始まります。触媒は消耗品のため、2 ~ 4 年で交換となります。
■ クリーンバーン方式(二次燃焼方式)
触媒を使わず、火室上部に通風の経路を確保し、その経路から空気を送り込んで、点火時の一次燃焼により発生したガス(煙)に新しい酸素を供給することによって二次燃焼を促す方式です。触媒方式に比べ、シンプルな構造で、部材の交換の頻度が少なくて済みます。また、最大の長所は、綺麗な燃え方・美しい炎です。俗に言うオーロラ炎が楽しめます。

図1:輻射熱式
図2:対流熱式
薪ストーブまきすとーぶ

薪ストーブは家を暖めるだけでなく、炎を見てくつろぐ時間や料理の楽しみを増やしてくれたりと、暮らしに彩りを与えてくれます。薪を用意したり煙突掃除をしたりと、手間はかかりますが、それもきっと暮らしの楽しみの一つになります。

①ストーブの種類について
■輻射熱式(ラディエーション)
ストーブ自体の外壁が暖まって、ストーブ表面に接する空気を直接暖めます。ストーブのそばを暖めたい時などに有効です。
■ 対流熱式(コンベクション)
ストーブの外壁に空気流通層を設けており、下部より冷たい空気を吸い、上部から暖まった空気を出します。輻射熱式に比べ、側面と、後壁面が比較的熱くならないので、壁や家具などの近くに置くことが可能で、安全性が高いと言われています。

②一次燃焼と二次燃焼について
■ 一次燃焼
薪そのものを燃焼させている状態のことです。薪に着火した最初の燃焼はこの一次燃焼の状態です。この状態は基本的には焚き火と同じ状態で、燃焼と同時に燃え切れなかった可燃性ガスが発生しています。一次燃焼の際に燃焼に使用される空気を一時空気と言います。
■ 二次燃焼
薪を一次燃焼させた時に発生する燃え切れなかった可燃性ガスに空気を混合して再燃焼させることです。「一次燃焼で薪自体を燃やし、二次燃焼では発生した煙を燃やす」という感覚です。上手な二次燃焼を行うことで少ない薪で、よりクリーンな排気が期待できます。

③薪ストーブの代表的な燃焼方式の種類について
■ 一次燃焼方式
構造がシンプルなタイプで、ドアを開けて暖炉的な使い方ができるモデルが多いです。一次空気のみを供給する構造のため、燃費の面では良いとは言えません。また、煙突内部で不完全燃焼しやすく、煤(スス)や タールが付着しやすくなります。この煤やタールが煙道火災の原因になるので、こまめに煙突掃除をする必要があります。
■ 触媒燃焼方式(二次燃焼方式)
アメリカの厳しい排気ガス規制をクリアするために考案された燃焼方式です。網目状の触媒(キャタリティック・コンバスター)というパーツを通して二次燃焼を行います。点火時の一次燃焼により発生したガス(煙)は、この触媒を通すことによって、化学反応を起こし、低温でも燃焼が始まります。触媒は消耗品のため、2 ~ 4 年で交換となります。
■ クリーンバーン方式(二次燃焼方式)
触媒を使わず、火室上部に通風の経路を確保し、その経路から空気を送り込んで、点火時の一次燃焼により発生したガス(煙)に新しい酸素を供給することによって二次燃焼を促す方式です。触媒方式に比べ、シンプルな構造で、部材の交換の頻度が少なくて済みます。また、最大の長所は、綺麗な燃え方・美しい炎です。俗に言うオーロラ炎が楽しめます。

図1:輻射熱式
図2:対流熱式
メンテナンスご依頼