引込窓ハンドルのがたつき
プロファイルウィンドウ

作業時期

困った時

作業時間

10分程度
〈時期・時間は目安です〉

難しさ
道具・材料

材料費(目安)

ドライバー(プラス・マイナス)

手順

はじめに

永く使用する間に引込窓のハンドルががたついてくることがあります。
この場合は、以下の手順でがたつきを無くすことができます。
万が一この手順でも治らない場合は故障の可能性も考えられますので、ユーザーズサポートへお問い合わせ下さい。「メンテナンスご依頼」フォームはこちら

 

1(窓の固定)

プロファイルウィンドウの引き込み窓のハンドルを上に回し、窓を固定します。

2(カバーを外す)

ハンドルのカバーと窓枠のすき間にマイナスドライバーを差込み、カバーを外します。(高さが1500㎜より大きい窓の場合)
※カバーだけを引っかけて外すために、浅く差し込むのがコツです。ハンドルの基盤に引っかけないようにご注意ください。


※高さ1500mm以下の窓の場合はカバーを手前に引きながら90度回転させるとネジ部分が出てきます。

3(ネジを締める)

ハンドルを横に回してプラスドライバーでネジを締めるとがたつきが直ります。
※インパクト(電動)ドライバーは決して使用しないでください。破損の原因になります。

ネジを締めたらカバーを元に戻して完了です。

メンテナンスご依頼