塗装(引込窓)
プロファイル

作業時期

定期的に

作業時間

30分程度(1か所)
〈時期・時間は目安です〉

難しさ
効 果
  • 木製窓枠を雨や紫外線から保護して長持ちさせる

  • 腐朽菌の発生を抑える

道具・材料

材料費(目安)

塗料

刷毛

目地用刷毛

脚立

ウエス(布)

下げ缶(塗料入れ)

掃除用ブラシ

養生シート

養生テープ

サンドペーパー(180番程度)

手順

はじめに

木製の窓プロファイルウィンドウは定期的な塗装が必要です。
自分の手で塗装をするのは、最初は大変かもしれませんが、だんだん慣れてきます。
一枚一枚、塗装をしてきれいになっていく窓を見るたびに、家への愛着はどんどん深まります。

もちろん、シンケンユーザーズサポートにご依頼いただくこともできますので、お気軽にご相談ください。

アフターメンテナンスご依頼専用フォーム

 

塗装時期の目安

外側の外枠や障子枠の、
再塗装の目安は3年ごとです。
(環境や気候、立地条件によっては、さらに短くなる場合もあります。)

紫外線や雨による塗装の劣化を防ぎ、長持ちさせるために、こまめに塗装を行うことをおすすめします。

同じ家でも場所によって塗装の劣化状況には差が出ます。

塗装の劣化しやすい場所や、木部保護効果の確認方法についてはこちらをご覧下さい。

室内側は、外部ほど頻繁に塗装する必要はありませんが、水をはじかなくなって木部に結露の水などがつきはじめたら塗装しておきましょう。室内側は色落ちはあまりしないので、自然木部オイルやクリア塗装で充分です。

1(塗装の下準備)

刷毛を「竹トンボ」を回す要領で回して、「毛」を落とすことで、塗装中に毛が抜けるのを防ぐことができます。塗料缶などに、毛の付け根部分を数回叩き当てることでも、それを防げます。

顔料等が沈殿している場合がありますので、容器・缶を逆さまにしてよく振り、棒などで缶の底までよくかき混ぜてから、下げ缶へ移し、さらにかき混ぜてから使うようにします。

2(網戸を外す)

戸袋の方立てをプラスドライバー(インパクト(電動)ドライバーがあればこちらが楽です)を使ってはずして、網戸を取りはずします。

3(塗装箇所の掃除)

引き込み窓を開けて木枠の溝の灰やほこりを取り除きます。

4(養生)

塗料がはみ出しても良いように、ガラスと障子枠の境目(写真1)や引手部分(写真2)など、各箇所の境目に養生テープで養生をします。
養生テープはマスキングテープタイプのものが使いやすくておススメです。

写真1

写真2

ハンドル側の窓のシールゴムと塗料が触れないように養生します。

外壁やデッキなどもシートつきの養生テープで養生を行っておくと安心です。

5(サンドペーパー)

サンドペーパーで汚れやシミを軽く取り除きます。
(完全に除去できなくても、適度に表面をまんべんなく整える程度で構いません)
この作業を行うことで、塗料がのりやすくなります。
ペーパーをかけたあとは出てきた粉を乾いた刷毛やウエス(布)できれいに取り除きます。

6(窓外側の塗装)

窓を閉めた状態で外側から、刷毛や目地用の刷毛を使って、木目に沿って伸ばすように塗っていきます。

上枠→縦枠(左右)→下枠の順で塗ると塗りやすいです。

 

7(窓枠の内側の塗装)

窓を開けて、枠の内側を塗ります。
枠の内側の黒いシールゴムに塗料が付着し、そのまま開閉を行うと、シールゴムが劣化したり、開閉がしづらくなります。
万が一付着してしまった場合は、速やかに拭き取ります。

8(外枠の塗装)

外枠を塗ります。

足下の外枠も忘れないように行います。

これで1回目の塗装は終了です。

9(2回目の塗装)

30分ほど乾かし、触ってみて手に付かない、ベタツキがない状態になったら1 回目と同じように、もう一度塗装を行います。(手順5~7)間隔はあけすぎない方がきれいに仕上がります。

※乾燥時間は季節や天候によって異なります。

10(片づけ)

養生をはがし、はみ出した塗料があれば固く絞った布などで拭き取ります。

※室内側を塗装する場合は1回塗りで十分です。

道具一覧

塗料について

出荷時は、「オスモ ウッドステインプロテクター ラーチ色」で塗装していて、新築時の色はほとんどの場合この出荷時の色です。(写真の色)


※一部意匠上の目的で違う色を重ねて塗装している場合もあります。

ユーザーズサポートでは、再塗装の際は、作業性を考慮し、外部には「ウッドエイドカラーA」内部には「ウッドエイドライト」がおすすめしています。

ウッドエイドカラーA「ライトオーク」色は、出荷時の、オスモ ラーチ色に近い仕上がりです。

塗料の購入はユーザーズサポートへお問い合わせいただくか、下記サイトより購入できます。

アフターメンテナンス受付専用フォーム

ウッドエイド関連塗料取り扱いサイト
木材保護塗料株式会社(株式会社シンケングループ会社)
amazon

 

 

刷毛について

刷毛は高価なものである必要はありません。
低価格なものを1 回切りで使い捨て、利用するのも安全管理上、安心です。
また、毛が抜けすぎたものを使用すると、塗りムラも起きやすくなります。

メンテナンスご依頼