無垢材の床 オイルメンテナンス

作業時期

年に1度

作業時間

約1日
〈時期・時間は目安です〉

難しさ
効 果
  • 素材を長持ちさせる

  • 木目にツヤを出す

道具・材料

材料費(目安)

無垢材専用クリーナー(グラノス)

3,900円(税抜) /1L

木部クリアオイル(クノス)

5,400円(税抜)/0.75L

ウエス(布)

手順

はじめに

無垢材の床には、新築時に木部専用オイルを塗布しています。
時期を見て定期的にオイル拭きをすると、床にツヤ・光沢が出て、美しく味わい深い床になります。

1(掃除)

床上のホコリや汚れを取り除きます。

2(床ふき)

無垢材専用クリーナー「グラノス」を原液の4 ~ 5 倍程度の水で薄め、拭きそうじの要領でウエスなどの布で薄くのばしながら、床拭きをします。

日常的に付いた汚れが、驚くほど取れます。

無垢材専用クリーナーグラノス

無垢材専用クリーナー(グラノス)

ポイント

  • あらかじめ、薄めたものを霧吹きに入れ、噴霧した後に床拭きするとより簡単です。

3(乾拭き)

乾拭きをします。

4(仕上げ)

仕上げに自然木部オイル(クノスなど)を塗布します。
これもふきそうじの要領でウエスなどの布で薄くのばしながら、床拭きをします。

メンテナンスご依頼