木風呂・ハーフユニットの木部保護

作業時期

年に数回

作業時間

1時間程度
〈時期・時間は目安です〉

難しさ
効 果
  • 木部素材を長持ちさせる

道具・材料

材料費(目安)

自然木部オイル(クノスなど)

用途に合わせてご検討ください

ウエスや布

柔らかいスポンジやたわし

数百円

手順

はじめに

木風呂やハーフユニットなど木を使用した浴室の場合、木部の壁・天井に自然木部オイルでオイル拭きを行なうことで木の撥水性を高め、素材を美しく長持ちさせることができます。

1(清掃)

壁や天井に付着している石鹸カスやカビなどの汚れを、柔らかいスポンジやたわしなどで落とした後、水気をきれいに拭き取ります。

2(オイル拭き)

壁や天井などの木部の水分をよく拭き取り乾燥させたら、オイル(クノスなど)を染み込ませた布やウエスでオイル拭きをします。

3(フタとスノコ)

フタとスノコはやわらかいスポンジやたわし等で汚れを落としてから、立て掛けて水切りをし、乾燥させます。

※日が当たり過ぎると乾燥しすぎて割れてしまうことがありますので、陰干しにします。

4(浴室全体の乾燥)

窓を開けるなどして、浴室をよく乾燥させます。

注意・確認事項

  • オイル使用後のウエスや刷毛は、一度水に付けることで、溶剤が飛ばされ、自然発火を防ぐことが出来ます。使用後、処分する場合は、軽く水気を切ってゴミに捨てて下さい。
  • 塗布の間や乾燥時は部屋の換気を十分に行い、火元の近くでは行わないでください。
  • 浴槽本体は毎日お湯をはっているとオイルが取れてしまうため、基本的にオイル塗装の必要はありませんが、浴槽を長くきれいに保つには毎日よく乾燥させるのが一番です。
  • ふだんから使用後に板壁・天井などに水をかけることで、浴室内の温度を下げ、カビの発生を抑える効果があります。その際 ぬれた木部を拭いて乾燥させますと、より一層きれいに保てます。
  • 木製の浴槽は長期未使用の場合、過乾燥となり木が縮み、隙間が出来る為に水漏れを起こします。水漏れが起きた場合は、水を張り、木に水を含ませ膨らますことで、水漏れは解消されます。長期外出の際は、浴槽を満水状態にし、蓋をして下さい。湿気で浴槽の過度な乾燥を防ぎます。
  • 木を使用した浴室の場合、壁・天井に使用している木材が水を含み、木が膨らむ事ありますが、これは自然現象です。乾燥しますと元に戻ります。しばらく様子を見て下さい。
  • 木製の浴槽は管理状況により耐用年数が異なります。浴槽自体の取り替えは可能です。費用は、状況により異なりますので、ご相談ください。
メンテナンスご依頼