トップスイング窓 基本の使い方
プロファイルウィンドウ

難しさ

手順

はじめに

プロファイルウィンドウのトップスイング窓は、横軸がスライドするタイプの外開き窓です。

トップスイング窓 基本の使い方
クリックすると大きく表示されます

1(拭き掃除)

ハンドルを押して開くと、窓の上部が下がります。窓の上部を引き下げると窓は180 度回転し、ガラスの外側も拭き掃除が出来るようになっています。

拭き掃除

2(クリーニングロック)

外側のガラスを清掃する際、体が窓に乗りかかって窓が回転し、外に落下しないように、クリーニングロックが反転防止金物として取り付けられています。※(高さが60cm以上のタイプのみ)
クリーニングロックは、最後まで回転させた時にロックがかかります。この状態で窓を拭くようにして下さい。

クリーニングロック

クリーニングロック

クリーニングロック

3(通風を取る)

通風取りのために2段階ロックが備え付けられています。少しだけ窓を開けておきたい時や夏場の留守時の換気などにご活用下さい。
また、ソーラーシステムそよ風の冬場の外気取入れ時のファンの負担を軽減するのにも有効です。

通常のロックは、窓を引き寄せ、内側の鍵穴に噛み合わせますが、外側の鍵穴(下の写真参照)に噛合う所で窓を止めて、ロックをかけると、少しの隙間が取れます。

通風を取る

通風を取る

注意・確認事項

  • クリーニングロックのついていない窓を拭く際は、窓に体重をかけ過ぎると、窓が回転し、落下してしまう危険性があります。充分ご注意下さい。
  • 窓を閉めるときは、金物を手動で手前に引いて閉めて下さい。金物を引かずに無理に閉めようとすると、換気金物が破損したり、窓枠アームの金物が変形してしまいます。
  • 窓を支えストッパーの役割をする換気部品があります。強風時など窓がパタンと下りてこないように、金物が取り付けられています。※(0906サイズ以外)換気部品

できレポ!!

嬉しい トップスイング窓の窓拭き

シンケンスタッフ_加賀江広宣さん

外側も、家の中から簡単に拭き掃除できます!

続きを読む 小さく表示
メンテナンスご依頼